崇高のリミナリティ

¥2,860

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※別途送料がかかります。送料を確認する

送料・配送方法について

この商品の送料・配送方法は下記のとおりです。

  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 ¥400

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「gmail.com」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「gmail.com」を許可するように設定してください。

『崇高のリミナリティ』
星野太 著

発行:フィルムアート社

[仕様]
2022年12月発行
定価 2860円(in tax)
四六変型判 300ページ
ISBN 978-4-8459-2035-8

[本の概要]
「超越的なもの」から「水平的なもの」へ。
崇高な(sublime)ものから閾的な(subliminal)ものへ、そして境界的な(liminal)ものへ。

現代思想、美術、文学、批評理論……「崇高」という美学の一大テーマを日常に開き、
現代美学のエッセンスをつかむための思索と対話。

池田剛介、岡本源太、塩津青夏、佐藤雄一、松浦寿輝との対話、崇高をめぐるブックガイドを所収。
(版元ドットコムより)

[目次]
はじめに

序論 崇高のリミナリティ

1 崇高──美学とその境界
2 自然における崇高
3 言葉における崇高
4 芸術における崇高
5 崇高なるものの転回
6 水平的崇高
7 時間的崇高
8 修辞的崇高
9 散文的崇高
10 崇高のリミナリティ

崇高をめぐる5つの対話

対談1 池田剛介×星野太
それでもなお、レトリックを

対談2 岡本源太×星野太
ロゴスとアイステーシス──美と崇高の系譜学

対談3 塩津青夏×星野太
美学的崇高 vs. 修辞学的崇高?──崇高における像と言語

対談4 佐藤雄一×星野太
超越性、文体、メディウム

対談5 松浦寿輝×星野太
酷薄な系譜としての「修辞学的崇高」

崇高をめぐる50のブックガイド
1 古典
2 美術
3 研究書
4 文学・批評理論
5 現代思想

おわりに
通報する

Pickup

『たやさない』vol.02

¥1100(税込)

自分自身がこれと決めたものづくりを「つづけつづける」ために、何ができるか。「頼まれてもいないものに、自分なりの思いを込める」。作曲、編集、菓子づくり、つくりだすものにどんな価値を込めてものづくりをしているのか。身の回りのつくり手たちから寄せてもらったエッセイ集です。